小鳥と鈴と、それからタワシ。

良くも悪くも1割の思考人間。いや、もしかしたら量産型女子大生。顔と性格と若さと身体とアイデアと実行力とユーモアとモノマネと女子力のなさだけが取り柄。

ぴよぴよ

いやー、なんで日大生ってセンスいいんだろ。謎。

出会い系で実際出会うことなく知り合ったひとの影響でLINEのアイコンずっと被写体の自分をめちゃくちゃ小さくしてたし、おなじみやすの影響でいまもファッションセンスや考え方は継承してるし、いまや研修で知り合った女の人の影響で無印の名刺入れを知り即購入。

ほんと、他の経歴の人とはなにか違う、研ぎ澄まされた感覚がある。

ひさの評価してくれるセンスは9割くらい日大生勢の受け売りだ。

やすの人格は大嫌いだけど、彼と出会うまえのあまりにもダサい自分のことは、本当に思い出したくもない。

彼らやひさと出会わなければ、家族や学校のガラパゴスな思想に染まり、今日の自分はここまであかるくなかっただろう。ついこの間まで、視野は仕事は公務員の一点張り、異性はりゅーこんの一つ覚えだったのだから。なんとも末恐ろしい話である。

ついこの間まで私と母は思想がそっくりだったのに、いつしか彼らの影響で、すっかり真逆になっていた。男に養われて、専業主婦でなんぼと思っていたのがいまや尻に敷く願望を持っている。今日ノリで某ちきりんの本を読み終えたが、「人の性格は変わる」は本当だと思う。そのきっかけはなんだっていい。母は自己啓発では変わらなかったけど、ひさはそれで変わったらしいし、そういう類のものが大嫌いな私がそんな彼を好きになって、素直に実践しているのだから、世の中何が起こるかわからない。彼のいいところは、本人は怪しいくらい情報をインプットしているけれど、私にアウトプットしてくれることといえば「笑顔」や「読書」といった基本的なことであること。自身の傾倒するセミナーに勧誘して断られても、私のビブリオバトルには参加してくれ、セミナーの代わりに最新の海外映画に誘ってくれるくらいの柔軟性はある。

もはや私は、面接で自己よりもひさPRをする自信がある。

「彼の強みは、柔軟性です。彼とは恋人やセフレ、アンバサダーやハートフルコーチまであらゆる関係を経験してきました。いまでは良き親友です。

そして、彼はタイムチケットというモノではなくスキルをシェアするサービスのヘビーユーザーでありながら、それを私は1枚も買わなくても、タイムチケットを通さずに取引をしても、お説教は全くしてきません。それどころか利用停止になったとき、その事情を逐一聞いてくれ、むしろタイムチケットのほうにクレームを入れてくれました。

また視野がたいへん広く、色々なことを提案してくれます。私が受け入れれば喜んでくれるし、断っても「ええんやで」と言ってくれ、損得を逐一考えず、私の誘いには快く乗ってくれます。彼は向上心が高く、必要以上に自己啓発に努めますが、発せられる言葉やアドバイスは決して難解ではなく、極めてロジカルで簡潔です。自分に自信がないのか、受け売りの言葉も多く、それに関しては理解に時間がかかることもありますが、彼自身の言葉は、はっきりとこれは彼の言葉だとわかるくらいにクリアでシンプルです。自己啓発なんてやめてもらって、我が道を進んで貰う方がむしろ良いくらいです。こんな彼ですが、私のことをたくさん褒めてくれます。一方私が彼を褒めると過大評価だとか、私の力であると謙遜します。自分は弱い、と自己を評価します。私は、弱い犬ほどよく吠えるという言葉を信じているので、彼は強い、と考えています。とにかくあらゆる選択肢や可能性に対して柔軟で、かつ寛容な彼には脱帽です。」

はー。ひさぴよアンバサダーだなたわし(笑)あの長文メッセージ通り、妻や彼女を超える存在で、一生likeとrespectで、他の人では代替できない関係性になるだろうな。

まじで、婚姻関係や、子供や、セックスなんてなくてもだいすきやもん。

振られたのに幸せって普通ないからね(笑)

はー。ぴよぴよアンバサダーだから、全く文章に一貫性ないけどいいや(笑)

賞味期限の短いおんなに生まれたなかで、ひさと知り合いすきになれたことは宝物。

プログラミング研修はことごとく自分の無力さに打ちひしがれるけど、とにかくお金ためて、いろんな経験して、5年の差をひさと近づけて、10年でひさのどんぴしゃかつ雷ズドーン(笑)の32の女になるやで。よろしくでーす(笑)

yeah

ばかなことに、私はいつまでたってもひさが好きだ。またおかしなもので、彼の何がそんなに良いのかわかっていないのに、そんな気持ちがつづいている。振ったひさ側もたぶんそうなのだろう。お互い何故ここまで惹かれるのか、いまだによくわかっていない。

また、既に3通りの関係性の試行をして、“友達’’が一番安定性が高いと結着がついている。私が復縁を、そしてひさが身体の関係を求めるよりも遥かに上回る付加価値が既にあるとしっている。だから不安なんてものは、先行きの見えなかった恋人時代よりもむしろないのだ。

なのに、どういうわけか私は理詰めで復縁マニュアルを遂行している。ひさのセックスマニュアルより冷静に、そして正確に実践されている。

いまや復縁をゴールとしていないし、やったところで100%叶うものでもないのだが、まぁ感謝と傾聴くらいならコストもかからないし相手が喜ぶことに越したことはないので、なんとなく継続しているのだ。

そんなことよりも、私はひさをやっぱり飼いたいし、尻に敷きたい。今からでもヒールで踏みつけたい。しかも、それは本人にとっての承認欲求を満たすことになる。

それだけでなく、私は常日頃彼に感謝もし、会えば話を聞いてやり、ニーズにも応える。その代わりに向こうは、指一本触れられなくても私のところへ会いに来てくれる。お互いお金を使うわけでもなければ、性的な欲求を満たすわけでもないのに、心の充足感があり、お互いがお互いを意識し、会いたいと思い合っている。なんて完成された関係なのだろう。

触れたり、キスしたり、挿入すれば気持ちがいい。そんなことは実証済みで、とっくに知っている。そんなほぼ全員の男女が実現できる快感よりも、ただ自分の話をしているときの彼の生き生きした顔を見ているのが好きだ。女は鋭いから、私の褒める癖や傾聴力は単なるスキルだと見透かされるが、男性はそれに何一つ物申さずに乗ってくれる。ありがたいことだ。

自分の根底の考えをコロッと言ってしまうひとは浅はかだ。キャバ嬢が客に対して「お前はただの金ヅルだ」と宣言するようなもの。「答えがわかってしまうとつまらない」のが人間である。

結局相手をいちばん気にさせる方法は、自分磨きでも告白でもなく、底知れぬミステリアスさだ。

変化を急にフォルテッシモに出してはロマンもなければバレバレで興ざめなので、クレッシェンドに、慎重に進める必要がある。

ま、とにかく。

時代が時代で、私はおそらく天職である水商売を選ばなかった。とはいえ、現在のプログラミング研修が正解かどうかもわかっていない。ただ、水商売が最高潮の時代に最高域を売り上げた人間の書き下ろしたメソッドはとてつもなく恐ろしく効果てきめんだ。かかった費用はKindleで0円。どんな自己投資やスピリチュアルよりも即日的に効いた(まぁそう言う類のものはやったことがないのだが)

まぁとにかく何がなんでもぶっ込みぶっ込まれて満たされていると錯覚していた若かりし頃に比べて、私たちはだいぶ成長した。

自分の身体で射精されるより、自分で仕入れた作法をことごとく遂行し、それにしっかり乗ってきてしっぽを振る犬のようにイキイキしてくる好きな人を見るほうがはるかに達成感があるし、気持ちが良い。

男のニーズは、手料理でも手編みのマフラーでもないことが改めてよくわかる(これもやったことがないのだが)

とにかく専属キャバ嬢たのしい。笑

きっとこの先恋人や家庭ができても、ひさの存在は誰にも代替できないし、ひさにとっての私もそう(現にそう言ってもらえたし)

タイムチケット自体はゴミだけど、ひさという存在を教えてくれたのは他ならぬここなのだ。だから感謝しなきゃな。

私はもはやこういう男女関係が終着点だと感じているから、もしお互いに他の相手が出来ても、それはオプションでしかないと思っている。

むしろひさにはもっといろんな女の人を経験して、そして私を客観視してほしい。ひさはあまりに女性のサンプルが少なすぎて、偏った女性観が非常にもったいない。女の私から見ても、いい女はいっぱいいる。変な女だっていっぱいいる。あまり、初彼女や私や情報を答えにしないでほしいなとは正直思う。

たぶんこの先私は正しいベクトルでさらに自己満足と相手のニーズを兼ねたいい女になっていくとおもう。そして、男女の関係もエッセンスとして少しすると思う。それでも長期戦で、すぐに復縁やセフレ化はしない。それが本質でもゴールでもないからだ。もう少し他の女を経験させて、余裕を持ってもう少し待つ。戻ってこなければ、私もそこまでだったのだ。仕方がない。別に振り切ってフリーを謳歌もしないし、恋人を必死に探すこともない。こういう実験や息抜きのバランスは難しいが、同時にたのしい。醍醐味ともいえる。

早い話、これは実験である。私がやすにされたことの真逆で、さらに高度な知識を実践すると自分と相手はどう変わるか。まぁいい方向にしか行かないのは確実だが、なるべく使えるものは使うに越したことはない。

そういったソフトな面を磨きあげることは、きっとこれからもあかるい。

そんなわけでふた晩連続こんなことで夜更かし。ねます。笑

じろん

わたしのなかで、ストーリーは完結している。

だけどそこにはまだ人生が残っていて。

これが映画や小説だったら、どんなに都合が良かったろう。

まあきっと言うなれば、第2シーズンの始まりだ。

 

とは言え急に何かが起こるわけでもない。

同性ウケのすこぶる良い私は、実は恋愛が無くてもたのしく生きていける。いろんな情報や見解はあるけれど、男女の最大の違いは外見と内情の比例関係じゃないだろうか。男はあまり外見と性格に相関はないが、女は可愛ければ性格も頭も良いという単純な命題が成り立っている。実のところの腹は黒いとか反論が来そうだが、本音と建前なんて当たり前だ。氷山の一角が美しければ、それでいいのだ。そんなことよりも、外見を良くするという現代ではあまりに解法がやさしい、合理的かつ楽ちんなことをなんだかんだ言って怠る女は、数%にしか満たない氷山のてっぺんすら研磨できない要領の悪い人なのだ。

まぁとにかく、いまは楽だ。日本のメーカーやサービス業は狂っているので、低価格ですばらしい物ばかり売っているし、周囲の男性は大学や合コンではなくあくまで同じ志を持つスーツに身を固めた研修生たちなので、特に拗れた感情や関係性もなく、淡々とコミュニケーションしておわる。実に穏やかである。べつに相手のことを深く知る必要もないし、かといって心を閉ざす必要もない。

前述の通り女性受けはばっちりなので、べつに異性でなくてもレズビアンでなくても、嬉しいなぁと思えるオイシイことは度々ある。屈託のない女性の可愛らしい笑顔や、はせがわさん面白いですねー!なんてチヤホヤしてくれたりとか、私どころか私のコーヒーにまで興味を持ってくれて気を利かせてくれたりとか、とにかくときめくことはたくさんある。 

我々は親友なのか、お友達なのかと逐一確認し合う関係性が1.0だとしたら、共通の趣味やフィーリングでつながるのが2.0、そして、ちょうどいい距離感で「いいな」と思い合える両思いな関係性が「人間関係3.0」じゃないだろうか。

まぁとにかく。欲求不満にはなるものの、プラトニックな男女関係もわるくない。

自然科学上は無理な男女の友情とはいえ、情報化は20代=SEX、60代=枯れるという極端な状態を見事に緩和しているだろう。本能の一人勝ちだったのが、今や理性と仲良くシーソーゲームが出来る時代である。いいことだ。

そして最近思うのは、人は「うすい」か「うざい」かの振幅で生きてきているということだ。いいやつは、それだけ均一化された情報を吸収して賢くなっているからアイデンティティは薄まりがちだし、自分があるなあと言う人はたいてい世の潮流に逆らおうとするきらいがあるので、その主張が「うざ」かったりする。

どちらも一長一短だが、最近は「薄っぺらい」人よりも「薄っぺらい」ことに敏感で批判する人のほうが面倒臭いと感じる。まあなんでもそうだ。ゲイ本人よりLGBTについて能弁垂れてる人のほうが煙ったい。

だれかの批判をきいているよりは、どこかで聞いたことのあることばを二番煎じで聴いてやっているほうがまだ精神衛生上良い。悪口の多い人にはもれなく自分の過去の栄光の話もついてくるので、その世界には終着点が無いのだ。

とにかく。いまの研修のひとたちがみんないい人で本当によかった。タイムチケットみたいな自己顕示欲のゴミがいない(笑)

本名のあとにハンネ付けて名前登録してるような痛い男性がいないだけでもいいね(笑)

と悪口を言ってしまったが、じゃあ川瀬よしのぶ(ぽよ)とか書いてたらどうよ!?と全国民に問いたい。たちまち全身じんましんが走り、「おぬし、、そ、その“ぽよ’’を外せぇ!!」と言いたくなるであろう。

LINEの名前が本名じゃない奴は地雷だけど、まぁゲーマーさんたちは100歩譲って仕方ない。それなら往生際悪く本名と並列させるなよとは言いたい。「Mr.シーパラ」くらいの勢いは欲しいね(笑)

とにかく。(3回目)たのしいです!Javaは少し飽きたけどな!(笑)

まんがづけ

いやー。最高の週末や。女子大生とデート。

男とより楽しいわ笑 ひたすら漫画読んでた。

23日も会うで(笑)仲良しかよ。


f:id:shioryukon:20181110220918j:image

とにかく立川まんがぱーくは最高でした。

交通費かけてでも行ったかいあった。

23日は朝活でブックポーカーからの江戸城ツアー(笑)榎村さん夫婦とゆいちゃんとまた一日中一緒やわ(笑)

本当、恋愛という名のデリへルアンド奴隷時代が馬鹿らしい。最高やわ。

23日の「まち」テーマの本、ここで見つけたこれにするやで。


f:id:shioryukon:20181110220917j:image

街歩きが生きがいのたわしにとって、不動産とのかけあわせは普通に良かった。

その前に、発送する本読んだり、昨日迷惑かけた下の階の人に謝りに行かないといけなかったり、色々と優先順位はほったらかしたんだけどね(笑)しゃーない。先約。(笑)

今度富士山も行こっと(笑)

本当、東大生でこんな波長あう子いるんやな。いいことだ。センスと共感能力とフットワークのある東大生。神。しかも同性ってのがすばらしいね。よけいな感情ぬきに、純粋に楽しめる。

立川もいいところだったぜ。イルビゾンテも良かったし(笑)天気も雰囲気も。

とにかくね。すき。笑

読書の秋。笑

来月の読書会はまさかのひさか。。。笑笑

本当うちら頭おかしい。笑

ちょうどゆいちゃん来ないっぽいしな。

別れてからのお友達、マジに良すぎてうける。感情のもつれや、中途半端な関係もなく。お食事はかならず一緒にして、読書会やボルダリングやら映画やら。もはや周りの夫婦がやってることばかり(笑)

はせがわ3.0(笑)うす(笑)

1.0は、ひたすら若さや身体など女共通のハード部分を売り出す。

2.0は、ひたすら男の要求に応えつづける。

3.0は、お互いの関係性を「やりたいこと」を一緒に経験していく仲に位置づける。性交渉を伴わないため、女性側は独自の付加価値が必要であり、男性側は高い精神性が求められる。そしてお互いが「変化」や「共有」などを受け入れて洗練されていく必要がある。

とりあえず、RiverEdgeだっけ?ヘルタースケルター書いた人の漫画のクソ男がやすそっくりすぎたわ。まぁあの時代の男だからな。

はー老害(笑)漫画に出てくる性格悪い男たいていやすと重なるわ。

ひさとのミートアップ(笑)も、あと2週間かー。あっという間だな。交換ノート書かなきゃな。私がもらった彼のはじめて。笑 性的なものよりよほど嬉しい。ハード面の関係性や交渉よりソフト面の精神的な交流の時代。

とりあえず、私はしがない県立大学生でありながら、東大生や東工大生に頭がいいといわれてご満悦♡笑人はIQが20以上違うと会話が噛み合わないというが、まぁ確かに私立勢とは早稲田くらいしか合わない。慶応はガラパゴスだしな。何年前の価値観やねんと突っ込みたくなる。これはひさと偶然共通していた価値観なので、間違ってはないはずだ。

一番長く続いた彼氏は東工大で6年だしな(笑)最短は高卒で1ヶ月(笑)

そんなもんや。だいじなことは、フィーリング。思えばすげーな。歴代彼氏、国立理系、国立文系、私文、高卒だわ。そんな私は公立福祉系(笑)私立理系だけいない。まぁ合わないだろうな。私と真逆で一番学費のかかる人だし。

国立文系がいちばん合うし楽や。数学使うし、かと言ってそういう過去の勉強に拘らず、“いま“共に読書したり新しいことをして高めあえる。し、フットワークと共感能力たかい。いいとこどり。筆箱持ち歩いてるのも好感度たかいわ(笑)バカは絶対持たないアイテム。そう、私(笑)

まぁ本当私文勢の過去への執着はすさまじいよ。たとえ慶応でも。きいてらんねーわ笑

とにかく。数学ガールはちょっとラストが残念だったな。上巻でキスすんなよ。プロセスだいじ!!(笑)下巻よんでません。笑

まぁでも数列の視覚化は文系理系というよりアートでしたな。うん、良かった。

読んだ漫画たち。


f:id:shioryukon:20181110220916j:image

ハイキュー

ゆいちゃんオススメの本。内容も良いが、何よりゆいちゃんの人間性や価値観のわかる非常にセンスの良い漫画。いい意味でJUMPっぽくない。 優しい世界。

 

こち亀

1巻。だいぶ画風が違う。

40年も前なんだなぁとビックリ。

本当両さん頭おかしいけど、いちばん笑った。

 

数学ガール 

プログラミングのように、数学のプロセスや言葉の定義をゆっくりかみしめていくストーリー仕立ての数学ラブコメ

数学部分はとても良いが、漫画あるあるの女尊男卑、女がロリコン好みのメガネニーハイ、そして何より上巻でキスしちゃう残念なラスト。もう少し恋愛もゆっくり進めてほしかった。

 

吉祥寺だけが住みたい街ですか?

吉祥寺=オシャレなイメージはもはや昔話。

そんなことよりも個人に合った東京の街を不動産屋さんが客と街の食べ歩きしながら物件を紹介するという時代に合った話。

シェアハウスの高層マンション版が駒澤大学駅に実在するらしく、すごく住みたくなった。

 

RiverEdge?

the、90年代の高校生な話。79年生のやすを彷彿とさせる、不良がちゃんと不良してたアナログの時代。情報が少なくて、ひたすらみんな自己中で感情的。でも胸糞には不思議とならなかった。

これもラストが雑だが、ヴィレヴァンが好みそうな漫画ではある。

 

あまさけの本

小学生向けの学習漫画だが、普通にためになった。半月前の実際の酒蔵見学との相乗効果で理解が深まった。甘酒は、すごい。

 

信長協奏曲

歴史が嫌いなうえ、りゅーこんを彷彿とさせ、一番期待していなかったが、そのぶん一番面白かった。

チャラ男系高校生が、江戸時代にタイムスリップし、織田信長となってしまう。この男がなかなかADHDっぷりが激しく、だがその多動力が成功につながっている。 

歴史好きよりも、“こっち側’’の人たちに読んでもらいたい作品。

 

ドラえもん英語版

日本の国宝マンガ、ドラえもんと英語のかけあわせ。この化学反応が面白い。さすがドラえもんとあり、英語でも面白いし、何より藤子先生の天才さが凄いなぁと改めて感心してしまう。起承転結もしっかりしてて、色褪せないユーモアもあり、ひみつ道具がただのファンタジーではなく先見の明のあるものが多い。手塚治虫のように明らかな専門知識のマンガではないのにじつはかなり幅広い知識に基づいており、精巧に作られているなぁと大人になって思う。

そして、英語のセリフよりも、効果音が全く日本語と違ってていい刺激になる。

 

からかい上手の高木さん

9巻なら読んでないかと思ったら、たぶんひさと立ち読みしたやつ。けど再読。

いやー、ひさとは高木さんと西片のような関係性でありたいですね。からかい上手の元長谷川さんになりてぇ。いや、やっぱ別姓で。(笑)

 

100万の命の上に俺は立っている

作者は1000%“こっち側’’。勇者ヨシヒコをひさとまりりんが描いたようなRPG×シュール系漫画。学び疲れたとき、下らなさ上等な気分な時にオススメ。

 

はい。(笑)

まぁ漫画家はこっち側だらけやな(笑)

ま、いいや。(笑)

ひさも今度連れてこ。

 

ビブリオ

はー、いいわ。ひさとのおとももち。

男女は、最初に求めあい、高めあいつづけて、プロセスを経て夫婦になったり友達になったりが理想ね。

だいたいが、結果重視のあまりにズレが生じて別れるから。

母にもひさのプライドの低さは評判がいい(笑)自己啓発セミナー誘ってきたのに、私にあっさり断られ、逆に私にビブリオバトル誘われてOKしてるから(笑)

めっちゃうける。あいつ絶対営業マン無理(笑)すきやわ。ライクアズフレンド。

「旦那だと大変そうだけど友達としてなら最高じゃんw」 そうなんです、母上(笑)

昨日はプログラミング研修生初日で疲れたし、元彼に自己啓発セミナー誘われるしで二重苦だったけど、なんとかなるな笑

はー。身体触りたい(笑)猫みたいな身体してるよあいつ。すき。エロい。(笑)

本当、自己啓発なんかせんでも魅力的なのにな。ないものねだりやな。

とりあえずヒモになってほしい(笑)飼いたい。ひさはネットでぽちぽちやって、タイムチケットなりなんなりして、私がスーツで外から帰ってきて、ひさをヒールで踏んであげる♥(笑)

ひさの女性への妄想をぜーーーんぶ私がやってやる(笑)所詮現実はこんなものと知らせてやる(笑)

会社も男も同じ。いい会社、いい男を求める時代ではない。共に成長する!的なベンチャー思想(笑)

ベンチャー社員のひさより私のがよほど生み出してるからな(笑)あいつは受け売りの凡人(笑)

はー、一貫性ないから、プラトニックなおとももちも続けたいし、スローセックスもしたい(笑)両立できないのが悔しいな。

とりあえず、、おなかすいた。かえろ。笑

要約すると、ビブリオまけた。笑

 

ラストニート

あゝ、もう少しで華のニート生活に終止符が打たれることとなる。。。
とりあえず、少しずつだけど成長しつつあるタワシ。
もうね、最新のAI機器やウェアラブルウォッチををピコピコ注文したかと思えば、紙に書いて思考整理したかと思えば、はたまた部屋や荷物まで整頓されてきたかと思えば、プロテイン摂取したかと思えば、お人形の絵本買ったり、裁縫箱何にしようかとか、アロマの空間どうしようとか、お弁当の箱と献立考えたり、ヨガや英語再開しようかななんて考えたり、とにかく自分自身のなかでの男女の両立がはんぱない。まぁ何が言いたいかと言うと、ADHDADHDの人によってでしか教育できないということ。ましてやひさは腐っても教育学部だしなw教員免許ないけど(笑)いや、本当人生助かりました。アメリカの支援教育レベルや。
とりあえず11月からはプログラミング漬になるわけですが、なによりも昼休みのピクニック(ひとり決行)が楽しみで仕方ない(笑)1時間で山下公園いけるかな(笑)せめて横浜公園
日曜日図書館で見かけた少年のような人がいたらいいな(笑)好きすぎて母にアロママッサージしながら彼のことを話した(笑)会話すらしたことない近所の中学生について語るという犯罪臭(笑)
いやー、勉強サボって読んでる本が「本当は怖い動物の子育て」と「磯遊び」だぜ?もう慈しむしかない存在でしょ(笑)いやー本当にビブリオバトル誘いたい。
とりあえず、研修はスーツらしい。つら(笑)ひさがごとくピコピコ私服でベンチャりたいわ(笑)
ま、とにかく、タワシは元気です。

レイチェル

フレンズ思い出すなぁ。

体裁上は友達でも、やっぱなんだかんだエロいこと考えちゃうよなー。

ま、何はともあれ、曲線な関係を目指すー。

前回はタワシが賢くワインを調整したからこそ成功した回なのだ。あれで調子こいて飲んでたら、まっつん回から学習してないことになる。また中途半端にもつれ合い、振り出しどころかマイナスになっては元も子もない。

はー。本当、エゴとエゴのシーソーゲームだわ(笑)ミスチル大天才かよ。

まぁなんでだか、私たちは恋でも愛でもなく「慈しみ」なんだけどね。どんな友達やねん(笑)キリストかよ。

とりあえず2018年はキレーに1〜3月LINE期、4〜6月セフレ期、7〜9月恋人期で、今の10〜12月は友達期なので、最もセックスが絡まない最も欲求不満な時期なんです。(笑)

はー。誰得だよ(笑)お互いの身体が溶け合う時間と感覚、忘れられないでしょ(笑)

本当同性だったらこんなことで悩むこともなかったのに。

ま、けっきょく彼氏だろーが友達だろーが会う度やりまくって復縁申し込みまくってもダメなもんはダメって過去問しってるんで、真逆を実現させてる私は学習能力高い(笑)

「友達に戻る」「傾聴」「私から復縁を持ち出さない」「実質付き合ってる状態にする」全部達成させとる(笑)

とりあえず、友達でも彼氏でも、やってもやらなくても、もはやこの2×2=4通りどれでもいいや(笑)彼氏でやらないは無いか(笑)3通りを今一巡してるからなー。

ま、会えればそれでいい(笑)

プラトニックもセックスもすきなんで(笑)なぜならひさがすきだから(笑)

りゅーこんややすとは、なんだかんだ話すことないし、やることないからなんとなく毎回やっては寝て、話しても噛み合わなくてとりあえずまたやって、の繰り返しだったけど、ひさは良くも悪くも賢さとバカさの配合が似てて噛み合うから、ぶっちゃけなんでもたのしい。

明日でお友達から1ヶ月かぁ。体感時間長い。(笑)

ひさも、2週間会わなかったら「めっちゃ久しぶりだね〜!」って言ってたし(笑)友達なら十分だけどな(笑)ひさからしても長く感じたのかな。嬉しい(笑)

まー私はやすとひさのいいとこ取り人間じゃけーね。そら会いたくなるじゃろ。(笑)

やすが私を好きなくらいに私もひさを好きでいて、かつ、ひさのように理性的に学習してるから(笑)本当もったいない(笑)感謝しろ(笑)

まー今が一番たのしいかな!笑

自分からエロいことできない関係にしてきたのにエロいことしたがってて、結局しないままバイバイ。そうやってひさが苦しむ姿を見てるの楽しい(笑)エアービンタしたときもめちゃくちゃ満面の笑みだったし。

やっぱり気持ち悪いやつだな(笑)

交換ノートに、「あーん♡」に、(エアー)ビンタに。別れたとき私が言った、「他の人では代替できないような経験」わりと実現してるな(笑)

とにかく。仕様で「結婚」に縛られすぎて色々とおろそかにしてた過去から一変、「恋人」ですら無いからこそ、転がしたり転がされたり、プロセス踏んでお互いの関係を良くしてくの楽しいわ。一種のゲーム感覚。

ひさの理詰めVS私のセンス。ファイッ!笑

とか言って今は私も理詰めだけどな(笑)それを気づかれないようにするのがまた戦略であり概してセンスなのだ。

とにかく。私はいいとこ取りがゴールなので、がんばるお。笑