小鳥と鈴と、それからタワシ。

良くも悪くも1割の思考人間。いや、もしかしたら量産型女子大生。顔と性格と若さと身体とアイデアと実行力とユーモアとモノマネと女子力のなさだけが取り柄。

生活が、あまりにも、完結している。
旅に出て働こうなんて言ってた人間が、のうのうと移住している。
沖縄好きの人たちよりも先に棲みついてしまった私だが
まあ一種の悟りで、なんでもよくなってきてしまっている。
その余裕が、なんだか現地の人たちと合っているかもしれない。
相手がどうこようが、「あーね」で終わってしまう。それは過去に出会った人のようであったり、私の過去のようであったり。ひとまず何でもそんなもんだなと。

まあ離島でも本島の那覇でも、他の人ではなかなか得られないニッチ枠の仕事を得られたのはちょっと嬉しい。
沖縄は、タイミングと相性が、本当に良い。
世間体的には終わってるふみでも、私からしたら、最高の生活をもたらしてくれてる相手だし。
その人生の振れ幅をいきすぎた相手だからこそのアンテナ、ヒトや情報の収集力みたいなのは、かなり一人で暮らすよりもたしかな大きい力を持っていると思う。
十数万をおっさんに貸した。だけど、その弁済が、月々の家賃光熱費コミコミの27000円なのである。
その住居は、他でもなくおっさんが見つけた場所。Door to Doorで通勤5分のこのコスパ最強の地を見つけることは、いまの私の力では無理だ。

けっきょく、得になっているのだ。
世間のモノサシじゃなく、来るもの拒まず精神は本当大事だ。

現役弁護士の元カレにはじまり、今や前科3犯の自己破産野郎といる。
いろいろな理屈があるけれど、本当に人生なんてわからない。
まあ間違いなく人生に正解はない。
私は今でもダメ男好きではないが、弁護士とまた付き合おうとは全く思わない。
色々な人たちとの関わり方とか、色々な店を知っているだとか、そういう小さなことが、私にとって幸せだから。
仕事一筋で、お店も人間関係もわからない、というような俗にいうエリートは私から切ってきた。
まあ全てを兼ね備えたエリートはいるのかもしれないけれど、今の私のレベルでは、どっちをとるか、だ。

そして私も私で、しっかり彼とは付き合っていない。それでいて、向こうは彼氏ヅラしている。

もう、男女、そんくらいがちょうど良いんじゃないかとも思えている。

てなわけで、まあ明日も頑張ります。

生活が、あまりにも、完結している。
旅に出て働こうなんて言ってた人間が、のうのうと移住している。
沖縄好きよりも先に棲みついてしまった私だが
まあ一種の悟りで、なんでもよくなってきてしまっている。
その余裕が、なんだか現地の人たちと合っているかもしれない
相手がどうこようが、「あーね」で終わってしまう。それは過去に出会った人のようであったり、私の過去のようであったり。ひとまず何でもそんなもんだなと。

この世は運とタイミング。
ってなわけで一緒になりたいけど、いろいろと時期を見計らって待ってる中な今。
まあこういう恋愛沙汰だけでなく、免許やら仕事やらも確立させてこそだし。

まあ珍しくも、惚れてる。笑こんなこと文章にしたって仕方ないけれど。しかもまた二十歳。笑
みんな理屈で年上がいいさーなんて言ってくるけれど。
とりあえず「同じフィールドに立ってから」はこちらのせりふ。

とりあえずうーまくー育てたいさ。笑
やっぱり人と人は反射なわけで。感情的なやつには感情的どうしてもなってしまうし、真剣になってくれる人には真剣さ。

とにかく。うまくいく。

はー。ふみみも私もイケてるなー。笑笑笑
美男美女(笑)、ハイスペ×都会人×陽キャかつ、ちゃんと本質的。

勘違いでも良い。とにかく毎日笑顔が絶えない。
男女関係にとらわれず、とにかくお笑いコンビみたい。千鳥やんな❤笑

ずっとお笑いコンビでいたいわー。

ふみみが、来月の家賃をふたり分、払ってきた。
赤の他人と暮らすということ。案外悪くない、むしろひとり暮らしよりわたしは向いていると思う。

一緒に住みたいと思うひとがいて、そして思ってくれるひとがいる。まあ大層なことではないのかもしれないけれど、幸せだ。

いままでは、わりと、自分なりの生活スタイルを守っているひとと付き合うことが多かった。
それは、こだわりのない私と真逆であり、対であり、相補の関係。
それが、理屈的にも、良いんだと思ってた。
だけどやっぱり結局、私がなんとなくふみみを初の同棲相手に選んだのは、お互いが本来口だけで人任あせなぶん、これから中途半端なりに意見を出し合って本音でぶつかり、協力しあえるから。が一つの理由だと思う。

あんなにはりきって、同棲イコールセックスだと思ってたのに、仕事で疲れてるのかさいきんすぐに寝てしまう。睡眠までもが9時5時。笑

まあそれでも、ちゃんとふみみが帰ってきてて、となりで寝てるとなんだかんだ安心する。彼氏でもなんでもないんだけど。

この日記にオチはないですが、まあとりあえず幸せっちゅーことですたい。

さいきん、真の自分にとっての幸せを感じている。

証拠に、私がふみみといるときの周りの人たちまでつられて笑顔だ。

まぁ、高学歴を高学歴のままにせず、モテをモテのままにせず、自分なりに考えて行動してきた同士の運命の出会いというやつですな。笑

いや〜ほんまくんだのおーしろくんだのにせんでよかったとばい。

つひにふみみははせがわくんになってくれるよ💖

そういう苗字〜のこだわりもなく、ちゃんとスペインもついてきてくれる姿勢見せてくれるあたり最高だね。本当恵まれた人生送ってきたんだなって余裕感じるわ。もう私はふみみの人生のフィナーレ後のお祝いパーティの存在だから。だからこそ今まで求められてきたような非本質的な要求や、しょうもない喧嘩は一切無し!されてもわがまましおり〜は、我が道を行くwので、もうふみみ〜は諦めて受け入れてくれる。これぞ愛ですな。笑

とにかく笑いが絶えません。笑

まじにWIN-WINだと思う。

ふみみ〜は若くて可愛くて絶倫の私といれて、私はふみみのハイセンスな笑いと食事とフットワークを受け取れるのさ〜。

あー。ま、てなわけでOLしてくるばい。

 

 

 

 

20歳と43歳とセックスして思うこと。

若けりゃいいというものでもないな。笑

なんとまあ、向こうから来たのはハタチのほうで、おっさんのほうには私から許したのだ。人生わからんもんですな。どちらも最初に正式に告白してきて、まあのちのちに体の関係を持って、けど誘った側がやっぱり交際関係にはせず。

まあみんなクセ強いからな、それくらいの距離感でちょうどいいよ。笑

 

そして、育った環境の影響ってでかいなあと改めて思う。彼ら見てると、歳は関係ねえなあって、痛感する。島育ちの二十歳のが、都会育ちのおじいよりよほど体質が古い。島の女が早々と出て行くのも、なんかわかる。価値観とかは、きっと、都会のおじさんなふーみーのほうが合う。けど、どっちにしても私たちはなんだかんだお互いを想い合ってる。愛がある。

 

いやまじに本当彼らは幸せ者だな。こんな理解のあるいい女いないぜ。笑

 

ああ。だいと私はやっぱり「家族」が向いていて、恋人は向いてないな。

彼女とは年に2、3回しか会わなくてもへーきなのに、自称「仕事仲間」「友達」の私が那覇出たら激怒する男だぜ。しんざとさんが「旦那かよ」って。それよ。扱い逆さ。。

どんだけ周りに愚痴ったか計り知れん。コロナとあの一件がなければ私はおーしろ家に嫁いでたかもなのに。。。。。

 

まーとりあえず、ねよ。笑